イムバランスって?イムバランスのまとめ | ながいきや本舗妊活情報サイト

免疫

イムバランスって?イムバランスのまとめ

アレルギーの発生と影響を軽減するための、天然成分から作られた安全で効率的な食品の開発が医薬品を使用しない解決策として求められています。

これらの「プロバイオティクス」と言われる成分は、腸内の有害な細菌と闘い、腸内の免疫システムを強くし、健康を促進する発酵食品です。
乳酸菌とビフィズス菌が人間の健康に与えるプラスの効果は広く知られています。

イムバランスは、大豆を麹菌で発酵させて生まれた新成分です。大豆(脱脂)を麹菌で発酵させたホールフーズで、乳酸菌や麹多糖などの発酵代謝物(バイオジェニックス)の働きで、乱れた免疫バランスを整えアレルギーの体質改善を促すことを得意としています。

麹菌発酵大豆培養物は、味噌と同じ方法で大豆を麹菌で発酵させて作られています。

アスペルギルスに関連するプロバイオティクス特性とは別に、この麹菌発酵大豆培養物はプレバイオティクス効果も示し、腸内の有益な細菌の増殖を促進し、

さらに、この培養の生体への影響は、麹の発酵過程で生物に直接影響を与える麹多糖類、ポリペプチド、アミノ酸の存在によるものと考えられます。

イムバランスは、ニチモウバイオティクス株式会社が開発した新しい大豆の発酵食品で、近年、免疫バランスを整え体質改善を期待できる成分として注目されています。

【イムバランスの効果は?】

イムバランスには、植物性乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖、さらには発酵によって生まれる麹多糖やペプチドなどの有効成分が多く含まれています。
大腸内の特定の細菌の増殖および活性を選択的に変化させることにより、宿主に有利な影響を与え、宿主の健康を改善する難消化性食品成分です。

イムバランスは、腸内環境を整えることで、腸を元気にし、健康な生活をサポートします。花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、便秘の改善(便臭改善)などの軽減効果が期待されています。

また、イムバランス投与によって慢性子宮内膜炎が改善し、その結果、妊娠率も向上したと考えられ、イムバランスが抗生剤以外のCEの治療法の選択肢の一つになり得ることが示唆されています。

イムバランスには、プロバイオティクス(植物性乳酸菌)とプレバイオティクス(食物繊維、大豆オリゴ糖)の働きがあります。
そのため、イムバランスを摂取することで、お腹がゆるく感じられる方が稀にいらっしゃいます。

【イムバランスは妊娠中も飲んでも大丈夫?】

妊婦が飲んでも基本的に問題ないと考えていますが、利用の際は念のため専門医にご相談されることをおすすめします。

乳幼児、妊婦さん、お年寄りまで老若男女すべての方の強い味方です。花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、便秘の改善(便臭改善)などの軽減効果が期待されています。

*これは情報提供のみを目的としており、医療上のアドバイスや診断を行うものではありません。

関連記事

  1. イムバランス イムバランス 麹菌発酵大豆培養物の特許をご紹介
  2. イムバランス 「イムバランス」の研究開発史
  3. イムバランス®まとめ
  4. イムバランス®は究極の発酵食品
  5. 「イムバランス®」の免疫についての働きの一つを分かりやすく解説!…
  6. 「麹菌発酵」から生まれた新成分「イムバランス®」
  7. イムバランスの持つ力
  8. イムバランス®が免疫不均衡による難治性不妊症に及ぼす影響を確認 …

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP