「イムバランス®」の免疫についての働きの一つを分かりやすく解説! | ながいきや本舗妊活情報サイト

免疫

「イムバランス®」の免疫についての働きの一つを分かりやすく解説!

麹菌発酵大豆培養物「イムバランス®」の重要な働きの一つに、免疫のバランスを整えることがあります。

 

「免疫バランス」とは

 

「免疫バランス」とは、「Th1細胞」と「Th2細胞」のバランスのことをいいます。
アレルギーは、免疫システムのアンバランス、つまり「Th1細胞」と「Th2細胞」のバランスの乱れによってよって引き起こされます。

 

免疫バランスの乱れは免疫反応を混乱させて、さまざまなアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

 

アレルギーに関わる2種類の細胞:ヘルパーT細胞(Th細胞)

 

・「Th1細胞」は細菌やウイルスを司る細胞です。
・「Th2細胞」はダニ、花粉、カビなどに対応します。

 

この2種類の細胞は、どちらが大きく優位になってもだめです。
●食物アレルギー、花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の場合
ダニ、花粉、カビなどに対応する「Th2細胞」が過剰に働いている状態です。
●妊娠の場合
卵子と精子が合体してできる受精卵は、母体にとっては半分異物。
なので本来の免疫機能を考えると、受精卵は排除されて、子宮内膜に潜り込む(着床)などできないはずです。
しかし、着床の先には「免疫寛容」という機能が働いて、子宮が受精卵を受け入れる状態になります。
そこで関係するのが「Th1細胞」と「Th2細胞」のバランスです。
着床時は「Th1細胞」と「Th2細胞」のバランスは、受精卵を異物としてみなし攻撃する「Th1細胞」が減少し、結果、「Th2細胞」が優位になります。
その正常値は「7~12」です。
しかし何らかの原因で、Th1/Th2比が「7~12」よりも高かったり、低かったりすると、免疫寛容が働かず、受精卵は異物として排除されます。

イムバランス®は乱れた「免疫バランス」を整えます

「イムバランス」には、「Th1」と「Th2」の免疫バランスを整える働きがあることが分かっています。

それは決して、どちらか一つを増やす、ということではなく、あくまでも「バランスを取る」ということです。

食物アレルギー、花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の場合は、イムバランス®は、過剰になっている「Th2」を抑えます。

着床・妊娠の場合は、イムバランス®は、「Th1」と「Th2」の免疫バランスを整えて、Th1/Th2比が「7~12」になるよう調整します。

 

「イムバランス」の研究開発史

「麹菌発酵」から生まれた新成分「イムバランスR」

イムバランスの持つ力

「イムバランス」の免疫についての働きの一つを分かりやすく解説!

イムバランスRが免疫不均衡による難治性不妊症に及ぼす影響を確認 ~『アレルギーの臨床』2022年4月号にて論文掲載~

免疫と妊娠との関係

関連記事

  1. 妊娠の成り立ちをおさらいしましょう【その2】
  2. ツボ押しの注意
  3. 疲労回復のツボ
  4. 「エクオール」もイソフラボンの魅力の一つです。
  5. イムバランスの持つ力
  6. ビタミンD不足で勃起不全が有意に増加する!?
  7. 地中海食を1個のパンで
  8. 卵子の発育とストレス

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP