膣の健康を守ろう | ながいきや本舗妊活情報サイト

不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

膣の健康を守ろう

ご存知の通り、膣は女性特有の器官で、精子の通り道であったり、赤ちゃんが誕生する産道であったり、ととても大切な役割を担っています。

ちなみに、膣の長さは7.5㎝です。意外と長い!と驚かれたかもしれません。

腸や子宮と同じく、膣にもいろいろな細菌が存在し細菌叢(フローラ)を形成していますが、正常な膣内はデーデルライン桿菌と呼ばれる乳酸菌(善玉菌)の数が優位になっている状態で、酸性に保たれています。

これは、雑菌(悪玉菌)や病原菌の侵入や繁殖を防いでいる「自助作用」ですが、膣内環境のバランスが乱れて悪玉菌が繁殖すると、細菌性腟症が引き起こされます。

(ただし、排卵日が近づくにつれて、アルカリ性の液体である精漿(せいしょう)に包まれた精子が通りやすいように、膣はアルカリ性に偏っていきます)

また、膣内にも通常カンジダ菌が存在していますが、このカンジダ菌が異常増殖すると性器カンジダ症を発症します。

 

細菌性膣症は、卵管不妊、化学流産、流産、早産のリスク因子です。

性器カンジダ症も不妊の原因になりえます。

膣の健康を守りましょう。

 

細菌性膣症の症状

・無症状のことが多く、・かゆみ、発赤、および腫れはあまりみられない。

・灰色や白色のサラサラしたおりものが大量に生じる

・おりものから生臭いにおいがする。特に性交後や月経中にの匂いが強くなることがある。

 

性器カンジダ症の症状

・膣や周辺のかゆみ、違和感

・年度の高い白っぽいヨーグルト状のおりものが増える

・排尿時や性交時の痛み

 

細菌性膣症を引き起こすもの

・ストレス

・過度の洗浄

・性交渉

 

性器カンジダ症を引き起こすもの

  • 風邪、疲労、ストレスなどによる抵抗力の低下
  • 生理前後、妊娠に伴うホルモンバランスの変化
  • 抗生剤の使用による常在菌バランスの変化
  • 性行為
  • 締め付けのきつい下着、陰部の蒸れ

膣内環境を守り膣の健康をサポートする 乳酸菌UREX配合ミライト

 

 

関連記事

  1. 妊活ブログ:胎児心エコー検査
  2. Fine祭り2014in大阪にお邪魔してまいりました
  3. いろいろお話しましょう!
  4. 真剣と深刻
  5. 2022年4月の不妊治療公的保険適用について
  6. 妊活ブログ:精巣はインターネット、卵巣は書籍
  7. 妊活ブログ番外編:ちょっとザワザワしたな・・・
  8. 妊活ブログ:再考 抗酸化とは??

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP