イムバランス®が免疫不均衡による難治性不妊症に及ぼす影響を確認 ~『アレルギーの臨床』2022年4月号にて論文掲載~ | ながいきや本舗妊活情報サイト

不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

イムバランス®が免疫不均衡による難治性不妊症に及ぼす影響を確認 ~『アレルギーの臨床』2022年4月号にて論文掲載~

ニチモウバイオティックスはこれまでの試験で、『イムバランス®』のアトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギー等のアレルギー性疾患に対する有効性を確認しました。
この度、医療法人小塙医院(茨城県小美玉市、理事長:小塙 清)と共同研究で、免疫調節機能をもつ『イムバランス®』の免疫不均衡による難治性不妊症に対する有効性が確認され、『アレルギーの臨床』2022年4月号にて論文掲載されました。

この論文の要旨について簡単に分かりやすくまとめてみました。

 

【論文タイトル】
免疫機能不均衡の難治性不妊症における『イムバランス』の免疫調整による妊娠率改善効果

著者:濵嶋暢昭1、小塙清2、天海智博11)ニチモウバイオティックス株式会社、2)医療法人小塙医院

『アレルギーの臨床』2022年4月号にて論文掲載

 

【研究の目的】

目的1.

妊娠した女性の免疫比を調査し、Th1とTh2の比率が妊娠に関連しているかを明らかにすること。

目的2.

Th1とTh2の比率が妊娠に関連しているならイムバランス®を飲んだ不妊患者の妊娠率に影響があるかを確認すること。

つまり、イムバランス®を飲むことで、免疫不均衡の難治性不妊女性の妊娠率を改善することがあるかを調べることが目的です。

※Th1は、細菌やウィルスを担当する「Th1細胞」のこと
※Th2は、ダニや花粉、カビなどを担当する「Th2細胞」のこと

「Th1」と「Th2」のバランスが崩れ、「Th2」が優勢になると、花粉症などのアレルギーを引き起こします。
「免疫バランス」とは、この「Th1」と「Th2」のバランスのことを指します。

免疫と妊娠との関係

「イムバランス」の免疫についての働きの一つを分かりやすく解説!

 

【実験の方法】

1.まず最初に、胚盤胞移植患者185例(28~46歳)の Th1とTh2の比を調べ、妊娠した方々の比を並べて、免疫比正常範囲(妊娠できた比の範囲)を推定します。
こうすることで、比が範囲内に入れば妊娠率が上がる、というという推定ができますね。
その上で
2.胚盤胞移植患者64例(31~42歳、平均36.9歳)を Th1/Th2 比で値が低いグループ(6.9以下)、値が中程度のグループ(免疫比正常範囲(中値)7.0~12.4)、値が高い程度のグループに(12.5以上)の3グループに分けます。

3.3グループそれぞれの患者さんに「イムバランス」を毎日1500mg、6ヶ月間飲んでもらいました。

4.6ヶ月後、Th1とTh2の比と妊娠率を検討しました。

 

【ポイント!】

妊娠例での免疫能 Th1/Th2 比の範囲は7.0~12.4(9.80±2.02)でした。
この範囲の中だけで妊娠が確認されたため、これを免疫比正常範囲(中値)と推定しています。 

【実験の結果】

①胚盤胞移植患者の全体の妊娠率は、29.7%(55/185)から56.3%(36/64)へと、大幅に改善しました。
 
②特に 、Th1/Th2 比が免疫比正常範囲(中値)7.0~12.4となった患者数は、摂取前の13例から摂取後には46例と約3.5倍に増えました。
さらに、その妊娠率は73.9%(34/46)と高い値を示したことから、イムバランスを6ヶ月間、1500㎎ずつ飲んだ患者では、免疫比が改善され、妊娠率も大幅に上昇しました。

生殖医療でも女性の体にとって男性の精子は異物そのものです。卵子と精子は結合して受精卵(胚)になり子宮に着床しますが、受精卵もまた半分は男性の染色体が含まれるため女性の体は異物として認識します。

花粉症などアレルギー症状が強い体質では生殖機能の拒絶作用も強く働くことが想像され、すべてではありませんが妊娠しにくく流産しやすくなることもあります。
https://www.ivf-ibaraki.or.jp/20150404/1567.html 医療法人小塙医院Q&Aより抜粋

 

このように免疫という一面からみると本能的に自分自身の体が精子を異物と判断してしまうこともあります。
免疫の異常である花粉症やアレルギー体質は出来れば改善しておきたいところです。
日頃の食生活や生活習慣だけですべてを解決ることはなかなかできません。
沢山の情報から上手に活用できるところは活用しながら、妊活に活かしていければいいですね。

 

その他「イムバランス」論文発表

「イムバランス」小児アトピー性皮膚炎に対する効果 
麹菌発酵大豆培養物及びビフィズス菌が小児アトピー性皮膚炎に及ぼす効果に関する研究~パイロットスタディ~.アレルギー・免疫,22: 96-102, 2015.

「イムバランス」アトピー性皮膚炎の痒み改善効果(マウス試験)

アトピー性皮膚炎自然発症(NC/Tnd)マウスを用い発酵大豆培養物『イムバランス』のアトピー性皮膚炎の痒み改善効果( Supplementation of the fermented soy product ImmuBalanceTM effectively reduces itching behavior of atopic NC/Tnd mice.)Journal of Dermatological Science 67: 130–139, 2012.

「イムバランス」アレルギー反応の抑制効果

「新しい発酵食品―イムバランスによるアレルギー反応の抑制効果」,温故知新.46: 101-111, 2009.

「イムバランス」Th1型反応とTh2型反応の調整効果

ピーナツアレルギーモデルマウスに対する麹菌発酵大豆培養物製品(イムバランス)の療法的な効果は、Th1型反応およびTh2型反応の調節と関連している(Therapeutic effects of a fermented soy product on peanut hypersensitivity is associated with modulation of T-helper type 1 and T-helper type 2 responses.) Clinical and Experimental Allergy 38: 1808-1818, 2008.

「イムバランス」スギ花粉症の緩和効果

スギ花粉症の臨床症状緩和における新規栄養補助食品素材である『イムバランス』の有効性:パイロット研究(Effects of a novel symbiotic, ImmuBalance a food supplement in relieving clinical symptoms of Japanese cedar pollinosis: A pilot study.)Clin Exp Pharmacology Physiology 34: S73-S75, 2007.

 「イムバランス」食物アレルギー反応抑制効果

「新しい発酵食品(イムバランス)における食物アレルギー反応の抑制効果」,アレルギー臨床.27: 69-74, 2007.

「イムバランス」造血幹細胞増強効果

「大豆の発酵培養物(ImmuBalance:旧名:ImmuSoy)とイソフラボンアグリコン抽出物(AglyMax)のマウス脾コロニー法による造血幹細胞増強効果」,医学のあゆみ.196: 169-170, 2001.

 

「イムバランス」の研究開発史

「麹菌発酵」から生まれた新成分「イムバランスR」

イムバランスの持つ力

「イムバランス」の免疫についての働きの一つを分かりやすく解説!

イムバランスRが免疫不均衡による難治性不妊症に及ぼす影響を確認 ~『アレルギーの臨床』2022年4月号にて論文掲載~

免疫と妊娠との関係

関連記事

  1. イムバランス®まとめ
  2. 子育てと成長 ながいきや本舗
  3. 妊活ブログ:不妊治療と仕事との両立はできているのか?
  4. 「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます」【た…
  5. 植物は自分で自分を守っている!
  6. 妊活ブログ:妊活中の想い vol.1
  7. 妊活ブログ:卵巣が腫れたら凍結を
  8. 葉酸+イソフラボンで赤ちゃんの健康を守ろう!

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP