イムバランス®の摂取により慢性子宮内膜炎に対する治療効果を確認 | ながいきや本舗妊活情報サイト

麹菌発酵大豆培養物イムバランス

イムバランス®の摂取により慢性子宮内膜炎に対する治療効果を確認

イムバランス

イムバランス®の摂取により慢性子宮内膜炎に対する治療効果を確認

~第37回日本生殖免疫学会総会・学術集会にて発表~

ニチモウバイオティックス株式会社は、日米欧で製造特許を取得した独自の麹菌発酵技術により作られた麹菌発酵大豆培養物「イムバランス®」について、これまでの試験により、アトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギー等のアレルギー性疾患に対する有効性を確認していた他、免疫不均衡による難治性不妊症に対する有効性 を確認しています。

この度、杉山産婦人科新宿院長中川先生らによる発表において、慢性子宮内膜炎(CE)により着床不全患者へ「イムバランス®」を投与し、慢性子宮内膜炎の改善および臨床妊娠率の向上が確認されました。

 

慢性子宮内膜炎は子宮内膜において持続的な炎症を伴う疾患であり、細菌やウイルスの感染がその主な原因であると考えられています。

慢性子宮内膜炎は反復着床不全や習慣流産等を引き起こす場合があり、正常な妊娠の妨げとなりますが、発生のきっかけや機序はいまだ十分に解明されておらず、現状は抗生物質を用いた治療法にとどまっていますが、抗生剤により治療に抵抗性を示す場合、子宮内膜搔把術を必要とするなど、その対応に苦慮することがあります。

そこで抗生剤以外の代替療法となる効果的な予防・治療手段が望まれています。

 

この研究結果は、第37回日本生殖免疫学会総会・学術集会において研究発表されました。

発表骨子

【発表演題】

慢性子宮内膜炎に対する抗生剤以外の治療戦略

【目的】

慢性子宮内膜炎は子宮内膜への形質細胞の浸潤を特徴とする病態で、着床不全や初期流産の原因と考えられ、治療としては抗生剤(Doxycycline)の投与が第一選択となるが、保険制度下では有効な投与量での治療が実施できず、慢性子宮内膜炎の取り扱いに苦慮している。

麹菌発酵大豆培養物であるイムバランス®は、プロバイオティクス(善玉菌)とプレバイオティクス(善玉菌のえさ)の両方を兼ね備えた健康食品であり、血中のIL-6レベルを低下させることでB細胞から形質細胞への分化を抑制することが期待でき、慢性子宮内膜炎治療の一つの選択肢として使用できるのではないかと期待できる。

今回イムバランス®を投与した患者において、投与前後での慢性子宮内膜炎の改善の有無を調査し、イムバランス®が抗生剤以外の治療法の選択肢になり得るかを検討することを目的とした。

【方法】

杉山産婦人科で2021年4月から2022年4月に慢性子宮内膜炎治療の目的で、イムバランス®を投与した着床不全症例19名を対象とし、子宮内膜生検におけるCD138の個数、胚移植回数を解析し、さらに臨床的妊娠率を後方視的に検討した。

なお、慢性子宮内膜炎の診断は、子宮内膜の生検組織にてCD138陽性細胞数が5個以上/10視野、と定義した。

イムバランス®は慢性子宮内膜炎と診断した日から14日間摂取し、1日あたりの摂取量はメーカー推奨量の1000mgとした。

【結果】

19名のうち12名は抗生剤抵抗性であり、7例はアレルギー等で抗生剤の使用が困難であった。

イムバランス®投与前のCD138の個数は平均15.1個(6個~94個)/10視野であったが、投与2週間後には平均1.6個(0個~9個)/10視野と有意に減少した(p<0.05)

イムバランス®投与前の胚移植回数は平均1.8回であり、継続妊娠は認めなかったが、イムバランス®投与後の胚移植回数は平均1.7回であり、臨床的妊娠は14例(73.7%)に認められた。

11例(58.9%)は12週以降まで妊娠が継続した。

【結論】

イムバランス®投与によって慢性子宮内膜炎が改善し、その結果、妊娠率も向上したと考えられ、イムバランス®が抗生剤以外の慢性子宮内膜炎の治療法の選択肢の一つになり得ることが示唆された。

 

その他「イムバランス」学会発表

 

「イムバランス」アトピー性皮膚炎改善効果― 第59回日本アレルギー学会

「ImmuBalanceのアトピー性皮膚炎改善効果 1.NC/Ngaマウスを用いた前臨床試験」 第59回日本アレルギー学会.2009年10月・秋田

「イムバランス」アトピー性皮膚炎改善効果 ― 第8回国際大豆シンポジウム

Effects of ImmuBalance on atopic dermatitis: preclinical study using atopic NC/Nga mice.(日本語:ImmuBalanceのアトピー性皮膚炎改善効果:NC/Ngaアトピー皮膚炎マウスを用いた前臨床試験)第8回国際大豆シンポジウム,2008年9月・東京

「イムバランス」スギ花粉症の緩和効果― 米国アレルギー・アトピー・喘息免疫学会総会

Effects of a novel symbiotic, ImmuBalance, as a food supplement in relieving clinical symptoms of Japanese cedar pollonosis: A pilot study.(日本語:スギ花粉症の臨床症状緩和における新規栄養補助食品素材である『イムバランス』の有効性:パイロット研究):2007年米国アレルギー・アトピー・喘息免疫学会総会.2007年2月・サンディエゴ

「イムバランス」食物アレルギー反応の抑制効果 ― 第56回日本アレルギー学会

「食物アレルギー反応の抑制におけるイムバランスの効果」第56回日本アレルギー学会.2006年11月・東京

「イムバランス」スギ花粉症の緩和効果―第9回日本補完代替医療学会学術集会

「新しい発酵食品(ImmuBalance)のスギ花粉症に対する臨床効果」第9回日本補完代替医療学会学術集会.2006年10月・大阪

「イムバランス」ピーナツアレルギー反応抑制効果 ―第6回食物アレルギー研究会

「ピーナツアレルギー反応の抑制における発酵大豆培養物(イムバランス)の効果」:第6回食物アレルギー研究会.2006年1月・東京

「イムバランス」ピーナツアレルギー反応抑制効果 ―第42回日本小児アレルギー学会

「ピーナツアレルギー反応を変えるため補助食として発酵大豆培養物(イムバランス)の効果」 第42回日本小児アレルギー学会.2005年11月・福井

「イムバランス」ピーナツアレルギー反応抑制効果―第6回国際大豆シンポジウム

Effects of ImmuBalance as a food supplement for altering peanut allergic reactions.(日本語:ピーナツアレルギー反応を変えるため補助食として発酵大豆培養物(イムバランス)の効果) 第6回国際大豆シンポジウム,2005年11月・シカゴ

 

イムバランスの活用方法

関連記事

  1. イムバランス®は究極の発酵食品
  2. 腸内細菌とは?腸内環境を整えるには?
  3. 「麹菌発酵」から生まれた新成分「イムバランス®」
  4. イムバランス®まとめ
  5. イムバランス イムバランス 麹菌発酵大豆培養物の特許をご紹介
  6. イムバランス®が免疫不均衡による難治性不妊症に及ぼす影響を確認 …
  7. イムバランスって?イムバランスのまとめ
  8. 多嚢胞性卵巣症候群と腸内環境は関係する

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP