改めて、妊活の仕方別スケジュール | ながいきや本舗妊活情報サイト

新着情報

改めて、妊活の仕方別スケジュール

妊活の方法別のスケジュールをおさらいしておきましょう。

 

<タイミング>

月経周期が28日周期だと、排卵は月経初日から数えて約2週間後。

妊娠率が一番高いのは、排卵日の2日前のタイミング。

ですが、排卵日を正確に予測するのは難しいので、一発勝負ではなく、月経終了後1週間はタイミングをなるべく多く取る方がいいです。

(卵子は24時間、精子は平均して3~5日間生き延びると言われています)

タイミングを取って卵子と精子が受精すると、受精卵は卵管をコロコロと転がる間に分割を繰り返します。
受精から2日目に4分割、3日目に8分割となり、4日目には桑実胚、5日めには胚盤胞となり
その後、胚盤胞は透明帯をいう膜を抜け出て(ハッチング)子宮内膜へと着床します。

つまり、着床するのは受精後5-7日目。

そこから着床が完了するのに、さらに5日かかります。

よって、受精から着床完了までの期間は約2週間です。

 

<人工授精>

排卵前日~当日に人工授精を行います。

人工授精で精子を注入した後、数日の間に卵子と受精して受精卵ができます。
その受精卵が子宮内膜に着床を開始するまでの期間は、受精後6〜7日です。
その後、子宮内膜への着床が完了するのに5日ほどかかるため、
人工授精後に着床が完了するのは、約2週間後といえます。

<体外受精>

採卵・採精して受精させると、培養室で培養されます。

培養1日目・・・受精卵は一つの塊

培養2日目~3日目・・・4分割~8分割(受精卵の細胞が4~8個)←分割胚と呼ばれます

培養5日目~7日目・・・胚盤胞

 

●分割胚を移植する場合

2分割から8分割期の分割期胚(受精卵)を胚移植する方法を、初期胚移植と言います。

初期胚を移植した場合は、移植後4~5日後頃に、子宮内膜に着床して妊娠成立します。
移植後11~12日後(=着床後1週間頃)に妊娠判定をします。

 

●胚盤胞を移植する場合

胚盤胞を胚移植する方法を胚盤胞移植と呼びます。
胚盤胞を移植した場合は、移植後1~2日後に、子宮内膜に着床して妊娠成立します。
移植後8~9日後(=着床後1週間頃)に妊娠判定をします。

 

ただ個人差があるため、着床までの期間は人それぞれです。

正確に把握したい場合は、クリニックで診察を受けて先生の指導を仰いでください。

関連記事

  1. 不妊治療助成金の年齢要件が一時緩和されます
  2. 菊池レディースクリニックの菊池先生の記事をシェアさせていただきま…
  3. 妊活中の新型コロナウイルス対策
  4. シリンジ法は新しいタイミング法
  5. 山芋抽出物ジオスゲニンのパワー
  6. 世界初!受精卵が育たない場合の新しい治療法
  7. 食物繊維と植物性タンパク質、良質のハニー。 美味しくて朝ご飯には…
  8. 男性のMUST七か条

新着記事

  1. イムバランス

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP