あなた方カップルは不妊じゃないかもしれません | ながいきや本舗妊活情報サイト

新着情報

あなた方カップルは不妊じゃないかもしれません

生殖医療専門医の今井伸先生がこのようにおっしゃっています。
PRESIDENT Onlineからの引用です)

「診察室へやってきた不妊カップルは、当然ながらほぼ全員が「頑張って妊活しているのに子どもができません」と訴えてきます。ところがその割にセックスの回数を聞くと「月に2~3回です」と答える夫婦がとても多いのです。

排卵のタイミングを狙いすましている、もしくは、「間を空けた(禁欲した)ほうが精子が濃くなるから」といった間違った思い込みで、”なかよし”の回数を制限している夫婦もいました。

はっきりいって、月に2~3回のセックスで妊娠しないから「不妊治療が必要だ」と考えるのは、早計といえます。」

私も、そう思うのです。
確かにセックスは、体力が要りますので、夜疲れているとなかなか大変。それで排卵周期だけ、となると、お互いに義務的になってしまい、できなかったり、したくなくなったりする、というお話は、ご相談の中でもよく聞きます。

セックスは生殖のためのものだけど、愛情表現の場でもある。

生殖のためだけのセックスは、なんだか悲しい。

悲しいと、男性もセックスの時に元気になれないし、女性も痛みがあったりして受け入れられない。

妊活のためであっても、セックスはやはり楽しんでほしいし、それが妊娠へと通じるのではないかと思います。

もちろん、卵管が通っていない、排卵できてない、精子が少ない、精子がない、などがあると、回数多くセックスしてもなかなか妊娠しないでしょう。

そんなことがないように、赤ちゃんが欲しいと思ったら、まずは病院で二人とも検査をすべきだと思います。

その上で、なにも問題がないのであれば、セックスの回数を多く。排卵周期に限らず、習慣に。

 

なかなか妊娠できない、、、それって、本当に不妊ですか?

セックスの回数、足りてますか?

セックス、楽しんでいますか?

 

2人で少し振り返ってみてほしいなと思います。

関連記事

  1. 菊池レディースクリニックの菊池先生の記事をシェアさせていただきま…
  2. 88歳の現役婦人科医 野末悦子先生に女性の健康を聞<その1>
  3. 世界初!受精卵が育たない場合の新しい治療法
  4. 妊娠しやすい食べ物ってあるの?食事って?
  5. 88歳の現役婦人科医 野末悦子先生に女性の健康を聞<その2>
  6. シリンジ法は新しいタイミング法
  7. 妊活中の新型コロナウイルス対策
  8. 地中海食を1個のパンで

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP