治療中でもタイミング法を有効活用しよう | ながいきや本舗妊活情報サイト

不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

治療中でもタイミング法を有効活用しよう

クリニックで治療中の場合、どうしても治療に頼りがちになりますが、
例えば、体外受精や顕微授精は、その排卵誘発が自然周期であれば毎月できますが、アンタゴニスト法やロング法などの卵巣刺激法の場合は、2-3ヶ月間を空けた方が良いので、毎月行うことが難しくなります。

でも妊娠率を上げるためには、回数も大切です。

つまり、妊娠するための行為や機会をできるだけ増やすことが、妊娠率を高める一つの方法となります。

そんな時、有効活用したいのがタイミング法です。

治療の合間にタイミング

もし今回の体外受精が陰性に終わった場合、刺激法によっては、次の採卵や体外受精が2ヶ月先になります。

その間何もしない、という選択ももちろんありますが、それでは妊娠できる機会を逸してしまうことにもなりかねません。

なので、その間はタイミングを取るといいでしょう。

ちなみに、性交渉による妊娠の確率が一番高いのは「排卵日の2日前」です。

ただ排卵日は、事前にきちんと「確定」させることはできません。よって「排卵日の2日前」も、あくまでも予測日であり、その日だけ性交渉をしても「実際は2日前は違う日だった」ということが、多いにあります。

よって、生理終了付近から排卵日と思われる日まで、だいたい一週間程度でしょうか、その間は、なるべく多く性交渉を行いましょう。

できれば毎日、無理なようでしたら2日に一回。

昔は「精子が薄まらないよう、なるべくためて」と言われていましたが、今は「精子は毎日作られるので、ためずにまめに射精した方がよい」とされています。

精子をためてしまうと、活性酸素が発生し、それが精子を傷めてしまうからです。

いつもフレッシュであるよう、頻繁に性交渉を行いましょう。

移植前にもタイミングを

特に体外受精・顕微授精の凍結胚移植をされる方に、ぜひやっていただきたいのが、胚移植前に性交渉です。

子宮に精液が広がることで、子宮が免疫寛容状態になり、着床が促進される可能性があります。

なお、胚移植後については、リプロダクションクリニック大阪・東京の松林秀彦先生はブログで「着床期の性交は妊娠率を低下させる可能性がある」とし「胚移植までに1~2回性交し、胚移植後の性交は控えるよう」とおっしゃっています。

シリンジ法を使って

とはいえ、タイミングを取ることが難しいこともあるでしょう。

そんな時は、新しいタイミング法のシリンジ法を活用しましょう。

これなら、肉体的な負担があまりかかりませんし、お互いの仕事の時間帯がずれてタイミングが難しい方でも、比較的時間がかからずにすみます。

このように、タイミング法は、タイミング法だけ行う場合だけでなく、治療のアシストにもなります。
タイミング法にも、シリンジ法という新しい方法がありますので、治療中の方もぜひ有効活用していただきたいと思います。

関連記事

  1. 妊活ブログ:生理中痛いからこそ温めて【ながいきや本舗】
  2. 木村さんバッヂを作っちゃいました!
  3. 妊活ブログ:培養液の温度は?
  4. 妊活ブログ:”精子力”に影響を与えるのは
  5. 妊活ブログ:インスリンってなに?
  6. 少し自分のこと
  7. 年齢のせいにしていませんか??
  8. 「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます」エピ…

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP