葉酸+イソフラボンで赤ちゃんの健康を守ろう! | ながいきや本舗妊活情報サイト

不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

葉酸+イソフラボンで赤ちゃんの健康を守ろう!

お腹の赤ちゃんの妊娠初期に起こる障害の一つに、神経管閉鎖障害があります。

この障害のリスクを低くするために、葉酸を少なくとも妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月まで、一日400μg(食事性葉酸なら800μg)サプリメントで摂ることを、厚生労働省が推奨していますが、
さらに、葉酸と一緒にイソフラボンを摂ると、さらにリスクが低くなることがわかっています。

将来の赤ちゃんの健康のために、妊活中から葉酸&イソフラボンを摂ると、さらに心強いですね。

関連記事

  1. 膣内フローラが乱れると、どうなるのでしょうか?
  2. 現代の女性と昔の女性との違い
  3. 妊活ブログ:ビタミンB3(ナイアシン)が流産防止に!
  4. 妊活ブログ:遠赤外線はなぜ血流に良いの?
  5. 黄体機能不全の原因は卵巣血流の低下
  6. NPO法人Fine祭りのご案内
  7. 夫婦のあり方
  8. 卵管についての診断・治療 vol.2 不具合に対する検査方法

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP