妊活サポートナビ

血流が悪いと何故悪いのか

血流と免疫力との深いかかわり

「免疫力」という言葉は、今や日常的に使われていますね。

「免疫力」とは、病気にならないように体を守ったり、病気になっても治癒・快復したりすることができる力です。

そして、免疫力の鍵となるのが、血液中の「白血球」です。

そもそも血液は、私たちの体を構成する約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り届け、かわりに老廃物を持ち帰る働きをしています。

その血液の中に、免疫機能を持った白血球が存在し、その白血球が体の中をめぐることで、体の中の異物をパトロールしているのです。

もし、血流が悪いと、細胞に必要なものが届かないだけでなく、白血球も巡らなくなるので、体内にウィルスや細菌などの異物が入ってきても、素早く駆除してくれる役目の白血球が集まりにくくなり、異物に負けて発病しやすくなってしまいます。

それが免疫力の低下です。つまり、血流が悪いと免疫力が落ちてしまうのです。

この血流が悪いと、体温は上がりません。

そして「低体温」は、免疫力低下だけでなく、生命活動の基本である物質代謝やエネルギー代謝にも大きな影響を及ぼします。

低体温で太りやすい体質に

1日に使用する基礎代謝量は、一般的に1200Kcalといわれています。

一方、体温が1℃低下すると基礎代謝能力が12%低下するといわれています。

つまり、1日あたりおよそ140kcalが消費できなることになります。この低体温により、太りやすくやせにくい体質になってしまうのです。

低体温で酵素の働きが50%低下

この代謝に重要なのが「酵素」です。

この「酵素」という言葉も、日常的に聞かれるようになりましたね。

酵素は、生命活動を続けるために必要な要素で、3000種類以上もあり、体温が36.5℃のとき酵素の働きは最も活性化されます。

その役割は、体内の化学反応をスムーズにすること。酵素が機能することで、体内での化学反応がスムーズになり、正常な代謝が行われます。

でも、この酵素がうまく機能しないと、どうなるでしょうか。

化学反応がスムーズに行われないので、食べても消化吸収ができなくなります。

それはつまり、食物などから摂った栄養素を十分に利用できないことになり、老廃物をうまく分解できないなど、体の働きが停滞することになります。

他にも

・脂質の分解酵素が働かないので、肥満が解消されない。

・糖を代謝する酵素が働かないので、エネルギーの産出ができない。

・タンパク質の合成酵素が働かないので、必要な物質が作られない。

・遺伝子修復酵素が働かなければ、遺伝子は傷ついたまま。そこから異常なたんぱく質が生まれ、がんやアルツハイマー病なども発症しかねない。

など、ありとあらゆる疾患の原因になりかねない、ということになります。

健康的な日本人の平熱は36.5~37.1度と言われています。

もちろん、人によってその人の「適温」は違いますが、やはり、常に平熱が35度以下の場合は「低体温で血流が悪い」ということになり、要注意です。

関連記事

  1. 黄体機能不全は存在しない?
  2. 子宝療養に良い温泉全国一覧【関西・中国・四国・九州エリア編】
  3. 卵子の発育とストレス
  4. 不眠を解消するツボ
  5. むくみに効くツボ
  6. 子宝神社全国一覧
  7. 無理をしないのがコツ! 共働き夫婦の妊活術
  8. 妊娠できるできないはストレスに影響されるか

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP