キャンペーンページ

卵子の四大衝撃:老化の衝撃

「卵子の四大衝撃」は、不妊治療のトップランナーの専門医から聞いた言葉です。
その4つとは

●老化の衝撃
●減少の衝撃
●妊孕性低下の衝撃
●個人差の衝撃

です。
この中で今回は「老化の衝撃」について説明したいと思います。

卵子の元となる原紙卵胞は、母親の胎内にいる時に500万個から700万個作られます。
それが、卵子が作られる最初で最後の機会です。

そしてすでに生まれた時には200万個に減り
更に、初潮を迎える頃には10万個から30万個に減ります。

その後、毎月どんどん減っていき、途中で作られることはありません。

つまり、母親の胎内で一旦作られた卵子が、何十年もずっと卵巣の中で「在庫」されるわけです。

機械も時がたつと錆びていきます。生地も色あせます。食べ物も腐ります。

卵子も同じです。

在庫の期間が長ければ長いほど、加齢とともに、質が低下していきます。

卵子は老化するのです。

老化する、ということは妊娠する力が弱くなっていくということ。
現代では医療の力がアシストしてくれますが、老化を緩やかにすることはできても、止めることはできません。

卵子の四大衝撃<減少の衝撃>に続きます。

関連記事

  1. 卵子の四大衝撃:妊孕性低下の衝撃
  2. 卵子の四大衝撃:減少の衝撃
  3. 卵子の四大衝撃:個人差の衝撃
  4. 卵子の四大衝撃:序章 卵子は老化する、数が減る
  5. 妊活、まずすることとは?

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP