脂肪酸シリーズ:「油」と「脂」の違いって??

不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

脂肪酸シリーズ:「油」と「脂」の違いって??

一口に「あぶら」と言っても、漢字で書くと「油」と「脂」の二つがすぐに思い浮かぶと思います。

栄養素の「脂質」という場合、「油質」とは書きませんよね。

それはなぜでしょうか??

「油」とは、常温や室温で液状のものを指します。オリーブオイルとかサラダ油とかがそうですね。

一方「脂」とは、常温で固体のものを指します。なので、バターやお肉の脂身などは「脂」の方です。

常温で「液体」か「固体」かで「油」か「脂」に分かれるのですがなぜそうなるかというのは「融点」の違いにあります。

「融点」とは、溶け出す温度のことですが、油と脂では、それぞれの構造が違うので融点も違ってくるのです。

栄養素の「脂質」は、いくつかの脂肪酸が組み合わさってできていますが脂肪酸は、主に動物油に多く含まれる「飽和脂肪酸」と植物油や魚油に多く含まれる「不飽和脂肪酸」に分けられます。

飽和脂肪酸は、常温で固体で融点が高いため、摂りすぎるとコレステロールを増やしてしまいます。

一方、不飽和脂肪酸は、常温で液体で融点が低いため、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

脂肪の種類と融点の違い

【飽和脂肪酸を多く含む食品】
乳脂肪(主成分:カプリル酸)→ 融点32℃
バター(主成分:ミリスチン酸)→ 融点54℃
動植物油脂(主成分:パルミチン酸)→ 融点63℃

【不飽和脂肪酸を多く含む食品】
サフラワー油(主成分:リノール酸)→ 融点-5℃
しそ油(主成分:α-リノレン酸)→ 融点-11℃
魚油(主成分:イコサペンタエン酸 IPA)→ 融点-78℃


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

    お名前 ※必須

    例)ながいきや 花子

    メールアドレス ※必須

    例)info@long-life.co.jp

    関連記事

    1. しばし休憩の話題
    2. 妊活ブログ:鎮痛剤は飲んでいいの?種類は?時期は?
    3. 妊活の救世主 L-シトルリンとは?
    4. 独りじゃないよ!
    5. 妊活ブログ:妊活中の想い vol.1
    6. 妊活ブログ:やはり夏でも冷え対策
    7. 4kg痩せました。
    8. 子育てと成長 ながいきや本舗

    新着記事

    妊活ブログ

    貴月先生コラム

    こうのとり調査隊

    妊活手帳

    はぴたま

    方法

    はぴたまBOOK

    こうのとり図書館

    こうのとり川柳

    こうのとり調査隊

    PAGE TOP