不妊に悩む女性の腰痛に効果のあるツボ

妊活サポートナビ

腰痛に効くツボ

腰腿点(やおとえてん)

通称、腰痛点ともいいます。

腰腿点は2点あり、手の甲の人差し指と中指、
小指と薬指の骨が交わる部分のくぼみにあります。
この部分を反対の指の親指と人差し指で、中指に向かって揉み押しましょう。
1~2分ほど、1日2,3回押すと、みるみるうちに腰の痛みが楽になります。

右の腰が痛い人は、右手の腰腿点が痛くなり、
左の腰が痛い人は、左手の腰腿点に痛みが出ます。

腰をひねってしまった時やギックリ腰をしてしまった時など、
直接腰を押したらいけない時にはこの腰腿点(やおとえてん)を押すと良いでしょう。

長時間のドライブなどずっと座っている状態で腰に痛みが出た時も、
腰腿点を押すのが効果的です。

痛みが和らぎ楽にることでしょう。

 

委中(いちゅう)

急な腰痛で動けなくなったときにとても使えるツボです。

委中は膝の裏側にあり、シワの真ん中で脈をうつ部分にあります。

椅子に座りながら少し足を曲げた状態にし、手の親指でグルグルと回すように10~20秒ほど力を与えます。
少し物足りないと感じてもすぐに強く押すことはやめ、徐々に強くしていきましょう。
膝の裏側だと自分では押しにくいので、誰かに押してもらったほうが刺激しやすいと思います。

腰痛だけではなく、こむらがえりにも効果的です。
こむらがえりの症状が出ていなくても、常日頃から押していると、こむらがえりの予防にもつながります。
委中は膀胱経の合穴でもあので、頻尿や排尿痛などの泌尿器系の症状にも効果があるそうです。
女性の場合足も浮腫みやすいので、浮腫んでいる時に押しても効果があるでしょう。

 


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

    お名前 ※必須

    例)ながいきや 花子

    メールアドレス ※必須

    例)info@long-life.co.jp

    関連記事

    1. 男性の妊活ってどんなこと?
    2. 温活とは
    3. 男性の下着はどれがいい?ボクサー?トランクス?ブリーフ?
    4. 夫の妊活意識を高める5つの方法
    5. むくみに効くツボ
    6. 「妊活トレーニングに筋トレをお勧めする理由」
    7. 男性不妊をどこで診療する?生殖医療専門医の一覧です
    8. ミトコンドリアを増やして活力のある妊活を目指す

    新着記事

    妊活ブログ

    貴月先生コラム

    こうのとり調査隊

    妊活手帳

    はぴたま

    方法

    はぴたまBOOK

    こうのとり図書館

    こうのとり川柳

    こうのとり調査隊

    PAGE TOP