葉酸+イソフラボンで赤ちゃんの健康を守ろう! | ながいきや本舗妊活情報サイト

不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

葉酸+イソフラボンで赤ちゃんの健康を守ろう!

お腹の赤ちゃんの妊娠初期に起こる障害の一つに、神経管閉鎖障害があります。

この障害のリスクを低くするために、葉酸を少なくとも妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月まで、一日400μg(食事性葉酸なら800μg)サプリメントで摂ることを、厚生労働省が推奨していますが、
さらに、葉酸と一緒にイソフラボンを摂ると、さらにリスクが低くなることがわかっています。

将来の赤ちゃんの健康のために、妊活中から葉酸&イソフラボンを摂ると、さらに心強いですね。

関連記事

  1. 自然妊娠を目指すなら
  2. 「妊活トレーニングに筋トレをお勧めする理由」
  3. ながいきや本舗のマツムラです。【言葉遣い】
  4. 妊活ブログ:イソフラボンが多のう胞性卵巣症候群の女性に有効
  5. 妊活ブログ:男性にもある更年期障害
  6. 妊活ブログ:妊活・妊娠中のカフェイン摂取
  7. 妊活中、暑い時期こそリラックスで冷えとりを!
  8. 冷えたからだと妊活 vol.2 【ながいきや本舗】

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたま

方法

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP